げんでんふれあい福井財団からのお知らせ

ホーム > お知らせ > 第21回ふくい風花随筆文学賞

第21回ふくい風花随筆文学賞

2018年3月5日(月)

第21回ふくい風花随筆文学賞にて「げんでんふれあい福井財団賞」授与

 

 「ふくい風花随筆文学賞」(同賞実行委員会主催、げんでんふれあい福井財団特別協賛)の授賞式が、3月4日に福井県立図書館多目的ホールで行われました。この文学賞は福井県出身の芥川賞作家津村節子さんの随筆「風花の街から」にちなんだ賞で平成9年度に創設、毎年国内外から多くの作品が寄せられています。

 当財団では、文化・芸術を愛する県民風土を高める顕彰事業として、毎年特別協賛し、「げんでんふれあい福井財団賞」を贈呈しています。

 

入賞者の方々を紹介します。

一般の部(応募作品数1,264編)

 《最優秀賞・福井県知事賞》  中村 千代子(香川県) 「野辺送り」

 《優秀賞・げんでんふれあい福井財団賞》

                      長友 和久(熊本県)   「母のとんかつ」

 《優秀賞・福井新聞社賞》    西川 勝美(京都府)   「ものたま」

 《優秀賞・福井仁愛学園賞》  小松 菜生子(千葉県) 「二人静」

 《優秀賞・U30賞》       菊田 智史(埼玉県)   「つながる星空」

 《優秀賞・実行委員会賞》    神山 規(北海道)     「あ!?」

 

高校生の部(応募作品数3,347編)

 《最優秀賞・福井県知事賞》   秋山 瑞希(高碕高校) 「あの日の誓い」

 《優秀賞・げんでんふれあい福井財団賞》

                     青柳 佑茄(武生商業) 「また会える日まで」

 《優秀賞・福井新聞社賞》   森川 晴歌(仁愛女子) 「お弁当と」

 《優秀賞・福井仁愛学園賞》  山岸 凜汰(藤島高校) 「目を閉じるということ。」

 《優秀賞・実行委員会賞》   鰐渕 奈美(高志高校) 「木漏れ日が差す道」

 《優秀賞・実行委員会賞》   井林 美沙(山口高校) 「友達という存在」

 《佳作》               角上 祐介(武生商業) 「偉大な祖父」

 《佳作》               片山 七海(仁愛女子) 「だれじゃ」

 《佳作》               菅原 有望(仁愛女子) 「幸せな日常」

 《佳作》               守屋 佑香(福井南)   「ビー玉の少女」

 

*入賞作品は、「ふくい風花随筆文学賞」ホームページ(福井県ふるさと文学館ホームページ内)に掲載されております。

 

助成事業

福井県の美しい自然・郷土・歴史・人・生活などの地域資源を活用した地域文化の振興・高齢者・障がい者とのふれあい交流や国際交流などによるふれあい・ゆとりの創造、また良質な芸術文化の提供と芸術文化活動を応援します。

詳しく見る

ふるさと大賞 写真コンテスト

げんでんふるさと文化賞・げんでん芸術新人賞

ページの上部へ