顕彰事業 げんでんふれあい福井財団では、福井県の文化、芸術の振興と育成に寄与することを目的に

ホーム > 顕彰事業 > げんでんふるさと文化賞・げんでん芸術新人賞

第8回(平成18年度)の選考結果と受賞者の経歴

げんでんふるさと文化賞

げんでんふるさと文化賞とは、福井県の地域文化の普及・発展に永年に渡り尽力し、
顕著な功績を収められた人への功労に対し贈呈しています。

豊田三郎

豊田三郎【洋画】 (福井市)

昭和13年 帝国美術学校(現武蔵野美大)卒業。美山中学校美術教員などを勤め、1964年(昭和39年)示現会会友。現場主義をポリシーにし一貫して旧美山町の杉をモチーフに、ふるさと福井の風景を描き続けている。
全国的にも杉を描く画家として注目されており、80歳(平成元年)で「ふるさとの山河」がサロン・ド・パリ展で大賞を受賞するなど、海外展にも発表し高い評価を受けている。平成10年 福井新聞社文化功労賞受賞。
現在、地元美山地区で「スケッチ大賞コンクール」、「絵画教室」、地域づくりのための「豊田塾」等を開き、また文芸誌「でんぼろ」を発行し、後進の指導にあたるなど、地域に根付いた活動をしている。

上原徳治

上原徳治【文化活動、洋画】 (小浜市)

小浜市文化協会会員。日本児童文芸家協会会員。若狭美術協会に所属し、「ふるさとのえばなし」「福井のむかしばなし」「福井の四季」など多くの郷土ふくいの民話等の装丁と挿絵を描いてきており、心温まる独自の作品は、多くの人々を魅了している。平成12年に小浜市文化奨励賞を受賞。
平成8年から平成16年まで、山川登美子を顕彰する「若狭を謳う」実行委員長を勤め、全国的な短歌大会を開催し、福井県をアピールするなど、若狭地域の文化、文学の発展と向上に多大に貢献し、功績をあげた。
現在、公民館や学校等で後進の指導にあたっている。

長谷川芙美女

長谷川芙美女【川柳】 (鯖江市)

昭和28年 福井番傘会に入会して以来、54年間川柳一筋で活躍。
この間、昭和29年 鯖江川柳会会長。昭和37年より現在まで鯖江番傘川柳会会長。平成元年おり福井県番傘ばんば川柳社副会長を勤めている。平成元年 鯖江番傘創立35周年を禁煙して句集「あしおと」を発刊。
平成元年 鯖江市民文化賞を、平成5年 NHK川柳中部大会で川柳会日本協会賞、平成14年 番傘川柳本社同人45年表彰。現在、川柳作家および選者として、また、カルチャー講座で後進の指導にあたるなど、地域文化の向上に努力。県内川柳界の中心的な役割を務め、川柳の普及発展に尽くした功績は大きい。

げんでん芸術新人賞

げんでん芸術新人賞は、新人芸術家として将来を多いに期待される
芸術活動を行う人に対し贈呈しています。

桜井孝江

桜井孝江【書道】 (福井市)

今村桂山氏に師事。平成12年東京学芸大学連合大学院博士課程終了。在学中より福井県書道展、読売書法展に入選2回。
平成10年 第30回記念日展に初入選し、平成11年第31回、13年第33回日展に3回入選するなど、書作活動に意欲を燃やし専念している。平成6年 福井県書作家協会会員。平成10年 第46回福井県書道展審査員。平成13年 読売書法展幹事を勤め、現在は、書道教室「山哮塾」を開き、小学生、中学生、高校生をはじめ、一般の社会人など書道を志す後進に指導力を発揮しており、本県書道界の今後の発展に寄与されることが期待されている。

後出和子

後出和子【剣詩舞道】 (坂井市丸岡町)

昭和63年 真誠流剣詩道、宗家 今尾誠信氏に指示し、日々剣詩舞道の研鑽に精進され、平成8年に全日本剣詩舞道連盟第五次青年十傑に選ばれ、平成16年 真誠流剣詩道師範。
新しい時代にマッチした取り組みで全国大会などで活躍。福井市内の公民館において「子どもの吟舞」を指導し、青少年の情操教育に力を入れている。また、ボランティア活動として、県内の老人ホームなどを訪問して剣詩舞を披露している。
地域文化の向上と伝統芸能の発展に貢献しており、今後の活躍が期待されている。

助成事業

福井県の美しい自然・郷土・歴史・人・生活などの地域資源を活用した地域文化の振興・高齢者・障がい者とのふれあい交流や国際交流などによるふれあい・ゆとりの創造、また良質な芸術文化の提供と芸術文化活動を応援します。

詳しく見る

ふるさと大賞 写真コンテスト

げんでんふるさと文化賞・げんでん芸術新人賞

ページの上部へ