顕彰事業 げんでんふれあい福井財団では、福井県の文化、芸術の振興と育成に寄与することを目的に

ホーム > 顕彰事業 > げんでんふるさと文化賞・げんでん芸術新人賞

第2回(平成12年度)の選考結果と受賞者の経歴

げんでんふるさと文化賞

げんでんふるさと文化賞とは、福井県の地域文化の普及・発展に永年に渡り尽力し、
顕著な功績を収められた人への功労に対し贈呈しています。

吉田正喜

吉田正喜【絵画造形】 (小浜市山手1丁目)

文化活動は掘り起こす努力から・・・吉田正喜氏(絵画造形)
若狭高校など永年教員として美術教育に尽力。昭和59年より若狭美術協会長として地域美術レベルの向上に寄与。同61年から6年間小浜市文協副会長、県文協理事を務め、ふるさと文化の発展に貢献。

田中度子

田中度子【音楽】 (今立町領家)

永年、高校教員として音楽活動に尽くす一方、県婦人合唱連盟副会長、県合唱連盟副理事長を務め、県音楽協会の育成に寄与。地域では今立ベートーヴェン第九の総監督、町文協副会長を務めるなど、ふるさと文化の振興に貢献。

上坂紀夫

上坂紀夫【文学】 (武生市吾妻町)

永年、県内中・高校教員を務め国語教育に尽力。昭和48年より日本海作家同人。「特務艦関東の遭難」など郷土の歴史、文化を掘り起こす郷土作家として活躍。地域では、「越前万歳後援会」顧問を務めるなど、ふるさと文化の継承、育成に尽力。

げんでん芸術新人賞

げんでん芸術新人賞は、新人芸術家として将来を多いに期待される
芸術活動を行う人に対し贈呈しています。

荒島雅彩

荒島雅彩【邦楽】 (福井市開発3丁目)

本名・典子、昭和54年福井大学卒。小学校から筝曲を野沢雅光穂師に師事、平成8年正派邦楽会大師範。雅光穂会主催。筝曲コンサートなどで、名演奏を演じ、この界のリーダー的存在。また、後進の育成にも尽力し、今後の活躍が期待される。

吉田豊一

吉田豊一【工芸美術】 (織田町平等)

昭和59年、京都芸術短大卒。平成4年、県美術展・現代工芸部門で知事賞、同8年作品「暁」で日本現代工芸賞、以来日展に3回入選。越前焼の陶芸商品の開発を進める一方、将来有望な工芸美術作家として活躍が期待される。

助成事業

福井県の美しい自然・郷土・歴史・人・生活などの地域資源を活用した地域文化の振興・高齢者・障がい者とのふれあい交流や国際交流などによるふれあい・ゆとりの創造、また良質な芸術文化の提供と芸術文化活動を応援します。

詳しく見る

ふるさと大賞 写真コンテスト

げんでんふるさと文化賞・げんでん芸術新人賞

ページの上部へ