顕彰事業 げんでんふれあい福井財団では、福井県の文化、芸術の振興と育成に寄与することを目的に

ホーム > 顕彰事業 > げんでんふるさと文化賞・げんでん芸術新人賞

第1回(平成11年度)の選考結果と受賞者の経歴

げんでんふるさと文化賞

げんでんふるさと文化賞とは、福井県の地域文化の普及・発展に永年に渡り尽力し、
顕著な功績を収められた人への功労に対し贈呈しています。

土肥英二郎

土肥英二郎【歌人】 (三国町つつじヶ丘町)

昭和13年より教員、同54年坂井中校長で退任。教員時代から歌人として「百日紅」の創刊に参画、優れた作品を発表。県内の多くの短歌会を育成指導。また地域文化運動に尽力し、現在三国町文協会長。短歌を通じ地域文化の向上に貢献。

渡部 智

渡部 智 (清水町笹谷)

昭和42年県窯業試験場長、同46年初代県陶芸館長。越前焼の振興・育成に寄与。越前陶芸村づくりに参画、永年にわたり陶芸、茶道文化の育成指導に尽力。また平成元年より10年間清水町文協会長を務め、ふるさと文化の振興に大きく貢献。

田嶋三男

田嶋三男 (坂井町大味)

昭和22年より教員、62年金津小校長で退任。茶道の指導者としても活躍。36年県教委勤務、5年間文協事務局長として院展の開催など画期的な役割を果たす。地元坂井町文協の設立に尽力、現在、県文協事務局長。永年にわたり茶道、文化運動に貢献。

げんでん芸術新人賞

げんでん芸術新人賞は、新人芸術家として将来を多いに期待される
芸術活動を行う人に対し贈呈しています。

花柳輔千里

花柳輔千里【日本舞踊】 (福井市安原町)

本名・中谷千里、福井商業高校卒。小学生時代から花柳里之輔師に入門、昭和57年より児童、愛好家に日本舞踊を指導、自らは平成5年に清元「流星」、同8年に長唄「まかしょ」などを上演。快活で優れた演技、指導力に今後大いに期待される。

高木美祐貴

高木美祐貴 (金津町春宮2丁目)

丸岡高校卒。昭和50年、フクイバレエ団研究所入門。幼少よりバレエを習得、同60年同団教師。平成6年創作バレエ「九十九の虹」でお市役を演じる。同7年同団研究所長。子弟の全国コンクール上位入賞に導く。洋舞の育成、発展に期待される。

助成事業

福井県の美しい自然・郷土・歴史・人・生活などの地域資源を活用した地域文化の振興・高齢者・障がい者とのふれあい交流や国際交流などによるふれあい・ゆとりの創造、また良質な芸術文化の提供と芸術文化活動を応援します。

詳しく見る

ふるさと大賞 写真コンテスト

げんでんふるさと文化賞・げんでん芸術新人賞

ページの上部へ